海外留学・インターンシップのCTS Tokyo 資料請求
WEB相談
カウンセリング予約
行きたい国から プログラムから 目的から CTS WOMAN 私の留学体験記 お役立ち情報
Woman
vol.001ドイテルさやこさん
vol.002ウォード園子さん
vol.003 (Coming Soon!)
vol.004金本久美さん
vol.005小島彩子さん
vol.006緒方-ヴェストベルグ美樹さん
vol.007井後ゆかりさん
vol.008 田村麻衣子さん
vol.009 クリース悠子さん
vol.010 桑原桂子さん
vol.011 鴨脚史子さん
vol.012 野崎さん
vol.013 東出有加さん
vol.014 Mimosaさん
vol.015 江川好美さん
vol.016 沢田奈保さん
vol.017 早川雅子さん
vol.018 小田可南子さん
vol.019 サウンディー真由美さん
vol.020 林利栄子さん
メールマガジン
ビューティー留学
恋する留学プログラム
現地法人様用依頼
セミナーイベント

Woman
私らしさのつくり方
CTS Womanでは、女性が自分らしいライフスタイルを確立することをテーマに、海外で活躍している日本人女性のライフスタイルや成功体験をインタビュー形式でご紹介していきます。
もしあなたが、今後海外で働きたい、キャリアアップしたい、海外に住んでみたいとお考えであれば、ここに登場する女性たちの生き方の中に、何かしらヒントがみつかるかもしれません。

CTS Womanお11人目は、日本では看護士としてご活躍され、カナダに留学された際に運命のパートナーと出会い、現在カナダのバンクーバーで、Immigration officeのキャリアトランスファープログラムにおけるクライエントサービスアジア担当をされています。その傍ら、提携ESLスクールでトランスファープログラムの一環として、マーケティング・プログラムコーディネーターをしていらっしゃる鴨脚史子さんです。留学→結婚→キャリアチェンジをされた鴨脚さんの海外キャリアのストーリーをご参考にしてみてください。

Vol.011
鴨脚 史子

生年月日 : 1973.02.04
滞在国・都市名 :カナダ バンクーバー
滞在期間 : 27ヶ月
現在のステイタスビザ :PR(永住権)゙
現在の職業 :Marketing & Program Coordinator, Director of Client Services - Asia Pacific
会社HP: Central Staffing Registry (CSR) Ink.

 
Woman写真
これまでの経歴をお願いします

学生時代 : 1993年 東海大学医療技術短期大学 看護科卒、2000年 日本工学院 臨床工学専攻科卒、2005年 人間総合科学大学 人間科学科卒


社会人時代 : 東海大学病院 中央手術室、川崎クリニック 外来透析、NTT東日本関東病院 心臓外科/循環器内科、日本ナースセンター 派遣看護師

渡航後:ESLスクール、RN(Register Nurse)準備コース終了後、現在の婚約者と出会いImmigration Serviceに携わる。同時にESLスクールに就業し、日本―カナダのCareer transition Programの立ち上げ。

日本ではなく、今の国で働きたいと思った理由を教えてください

日本では年齢で制限されることが多かったので、30歳を過ぎた後、可能性のある海外でいろいろなことにチャレンジしたかった。

なぜ、あなたはこの国を選ばれましたか?

カナダの英語は世界的にも標準といわれる、アクセントの少ない英語であること、治安も比較的よく、物価もそれほど高くないため。

こちらにはどのくらいの期間、ご滞在されていらっしゃいますか?

2005年4月 休暇で6ヶ月ほど滞在(遊学)し、帰国

2006年5月以降
海外就職、移住をされる前に、過去海外留学、ホームステイ、長期滞在などのご経験はございますか?(具体的に教えてください)
上記6ヶ月間遊学があります。
渡航されるまでに不安だったことは? 渡航する決断をしたきっかけは?

6ヶ月の長期滞在をしていたので、土地勘もある程度あり、知人もいたので、不安だったことはあまりないです。きっかけは、日本での就職活動時、募集要項にて“27歳・30歳まで“ という募集制限を見て、日本での選択に限界を感じたため。

どのようにして現在のお仕事を見つけられましたか?

ESLスクールのビジネスコースを受講中、構想中のアイデアをいろいろ出し、またMarketingについてのアドバイス等を学校側にしたところ、学校からスカウトを受けました。

Recruitment Serviceに関しては婚約者の会社で、自分がやりたかったこと(日本―カナダのCareer Transition)を実現できそうなので、ビジネス拡大を含め一緒に働いてます。
現在のVisa取得の手続等はご自身でなさいましたか?取得サポート機関を利用されましたか?
学生ビザへの切り替え、PR申請すべて自分で行いました。
居住形態は?どのようにして見つけましたか?

友人の紹介でアパートのシェア

現在は婚約者とともにコンドで同居
今のお仕事を始めるまでにかかった費用は、総額でどれくらいですか?差し支えなければ教えてく ださい。

学校費用;ESL$10,000  RNコース$6000程度 +生活費

日本にいるころの語学力はどうでしたか?

はっきりって、標準以下だったと思います。

(看護系の学校は英語の単位数すっごく少ないので)
今の生活(仕事、プライベート含めて)で日本語を使う割合はどれくらいですか?

時々、日本人のお友達と話す(1回/2〜3Ws)のと、日本人エージェントとの会話(1回/W)程度

仕事をしていて、ここが日本とは違うと感じることはありますか?どんなことですか?

年齢を聞かれることが非常に少ない、年齢制限がない。そのため、実に幅広い年齢層の人たちと、

いろいろな場所で出会う。40過ぎてもチャレンジする人がたくさんいる。
現地での生活をお聞かせ下さい。
現在のお仕事を教えて下さい。(内容、エピソードなども教えて下さい)

SET Institute Marketing & Program coordinator
営業(Canada,日本)、全プログラムの内容確認・調整、新プログラム作成、学校案内・フライヤー作成、Web管理、学校生徒の就業活動・ビザサポート

CSR Recruitment assistant
海外からのカナダ移民・就業希望者のリクルート、移民・ビザ相談

海外に来て本当に良かった事、大変だった事は教えて頂けますか?

よかったこと;新しい道が開けたこと(日本では看護師一筋だったので)。 仕事と私生活のバランスがよいこと(リラックスしてすごす時間が多い)

大変だったこと;環境に慣れるのはさほど大変ではなかったのですが、やはり仕事が十分できるまでの英語力を培うまでが大変だった。

現地でのライフスタイルを教えてください。(簡単に1日のスケジュールをお願いします)

午前8時〜11時;自宅にてCSRの仕事+ペーパー・コンピュータワーク
午後1時〜4時;ESLスクールにて学校職員とのミーティング、提携施設(就業場所)とのコンタクト、営業
午後6時〜夕食 
夕食後、テニスやWalking、習い事のアクティビティー

午後10時〜11時就寝
また現地での生活は如何ですか?

私の性格や適正に大変合ってると思います。仕事だけにおわれることなく、人生を楽しんで、毎日幸せだなあと感じることができる。

現地での生活で、一番楽しかった事、つらかったことなどお聞かせ頂けますか?

毎日が本当に楽しくて、一番をあげるのは難しい。。。

つらかったのは、アカデミックのコースを取ってるとき、毎日宿題に追われ英語英語で吐きそうだった。お陰様で、RNコースへ進学した後も、英語でそれほど困ることはなくなりました。
週末やプライベートタイムの過ごし方を教えてください

週末は、家事やショッピングをしてのんびりと1日を過ごし、もう1日は、フィアンセとともに、映画やアクティビティーを楽しんでます。夏の暑い日には本といすとお弁当を持って近くの湖に涼を求めたりします。

現地の方の交流は如何ですか?(この国の人たちは?)

全体的にのんびりしてる。最新とか最先端のものにはやや疎いですが、人間らしく生活できる。

個人が余裕があるので、他人に優しい人が多いと思う。特に、お年寄りや、妊婦さん、子持ちのお母さんや障害者に対して。バリアフリーが徹底してるので、車椅子の人が普通に、バス・電車を乗りこなし社会の一部として暮らしている。時々東京に帰ると、みんな必死な感じがする。
日本で準備しておけば良かったと思う点はございますか?
お金、資金は大事。経済的に余裕があったのでよかった。
もし差し支えなければ、今日本で準備をされていらっしゃる皆さんのアドバイスとして、渡航資金は日本でどのくらいご準備されて渡航されましたか?
400万程度? カナダで正看護師を目指す場合。海外に旅行も行けて余裕のある生活ができる。
今滞在されていらっしゃるお国自慢をお願いします。

カナダは、とにかく英語がきれい。ハリウッドの発声・発音監督はカナダ人。
ゆとりをもって自分の生活を楽しむことができる。
空気がきれい。車でちょっと行けばすぐ大自然があり、年間通してOutdoor Activityが楽しめる。

気温が低くて、夏は最高に気持ちがいい。
日本にいた頃と、今滞在している国でのライフスタイルについて、どちらが自分らしい生き方をしていると感じますか?また、海外で来てみて良かったと思う点を教えてください。

どこにいても、自分らしくいられるかどうかは自分しだいだと思ってます。自分をいかに表現できるかは、どう環境をコントロールして、どう適応するかによって決まってくるので、常に物事にはフレキシブルに対応し、最大限の効果を挙げる方法を選択するよう心がけてます。ここにきてよかったと思うことは、すべての価値観・世界が広がったことです。

今後の将来の夢やこれからの目標を教えて頂けますか?

今後は、パートナーとともにビジネスを拡大して、日本から優秀な人材をカナダに送り込むのが当面の目標ですね。キッチンキャビネット会社への投資予定もあるので、将来的にはカナダからの人材やキッチン・バスの輸出などできたらいいなと思ってます。

これから海外で働きたい、と考えている日本の女性に何かアドバイス、メッセージをお願いします。

何事も経験してみないとわからないことが多いと思うので、思いついたら実行することです。今何をすべきかを考え、実行あるのみです。その1歩を踏み出したら、そこから世界は開けます。もちろん、日本にもチャンスはたくさんあると思いますが、選択肢の幅を広げる意味でも、海外でのキャリアも念頭において、常にチャレンジすることを恐れないでほしいと思います。

 
ページTOPへ
H O M E | CTSについて | マスコミ掲載 | 採用情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | お問い合わせ
コピーライト