海外留学・インターンシップのCTS Tokyo 資料請求
WEB相談
カウンセリング予約
行きたい国から プログラムから 目的から CTS WOMAN 私の留学体験記 お役立ち情報
プログラム一覧
ビジネスインターンシップ(アメリカ)
ビジネスインターンシップ(オーストラリア)
ビジネスインターンシップ(カナダ)
語学研修+ビジネスインターンシップ(アメリカ)
CPS研修+ビジネスインターンシップ(アメリカ)
CITLS〔貿易実務)研修+ビジネスインターンシップ(アメリカ)
カリフォルニア州立カレッジ短期留学(アメリカ)
医療語学研修(カナダ)
空飛ぶインターンシップ/フライトアテンダント(カナダ)
エアラインに合格するための留学(アメリカ)
海外で働く体験/短期(アメリカ)
海外で働く体験/短期(オーストラリア)
海外で働く体験/短期(カナダ)
学生限定 サマージョブ WORK/TRAVEL(アメリカ)
ビューティー留学(ハワイ)
恋する留学(アメリカ)
日本語教師アシスタントプログラム(オーストラリア)
国際文化交流コーディネータープログラム(オーストラリア)
ホテル有給インターンシップ 416ビザ用(オーストラリア)
ホテル有給インターンシップ OTVビザ用(オーストラリア)
ソムリエ留学(イタリア)
ローマお料理プチ留学(イタリア)
上海ホームステイ(中国)
ホテルインターンシップ(マレーシア)
客室乗務員(OJT)研修(シンガポール)
メールマガジン
ビューティー留学
恋する留学プログラム
現地法人様用依頼
セミナーイベント
NEW! 有給ワイナリー海外就職コース ニュージーランド(就労ビザ取得保証)
       〜働きながらロングステイ/スローライフ〜

年間を通して晴天の多いマールボロ地域は、ニュージーランドで最も年間の日照時間が長いエリアで、ハイキングやマウンテンバイク、シーカヤッキングなどのアウトドアやワイナリー巡りに最適な場所です。また、マールボロ地方は、「クラシック・ニュージーランド・ワイン・トレイル(Classic New Zealand Wine Trail)」の南側の入り口となります。また、観光ルートの「トレジャード・パスウェイ(Treasured Pathway)」の出発地点でもあります。
ワインに適した気候のお陰で、マールボロはニュージーランド最大のブドウ栽培とワイン生産地として知られており、広大な平野には70軒程のワイナリーが点在しています。質の高いニュージーランド・ワインは世界的にも高い評価を受け、近年ワイン生産と輸出が大幅に増えており、ブドウ農園の規模拡大とワインの生産拡大のため、近年労働者不足が深刻な社会問題となっております。

このプログラムは、ワイナリーで就労することにより、ニュージーランドのワイン生産と地域社会に貢献する一方、その収入でニュージーランドで最も気候と自然環境がいいマールボロ地域でのロングステイを楽しむことができます。自然豊かな山と海の恵み、アウトドア/マリンスポーツを一年中満喫できるこのエリアは、若い人だけでなく、シニアの方も第二の人生を働きながら満喫できます。

ニュージーランド・ワインの特徴
ニュージーランドワインは、19世紀末に生産が始められました。1970年頃から、ワインの質も向上し、それに連れて生産される量も増えてきました。フルーティーで、口当たりの良さがニュージーランドワインの特徴で、特に「ソーヴィニヨン・ブラン」は大変人気の高い白ワインとして知られています。また、熟成期間が長いぶどうが多く、その深い味わいは高い評価を得ています。
ニュージーランドワインは地域性が高く、特に「マールボロ」は、ニュージーランド最大のワイン生産地で、そこで生産されるワインの一部は、プレミアムワインとして世界的に高く評価されています。ニュージーランドワインは、歴史も浅く、さほど流通しているわけではありません。しかし、その品質は非常に高く、現在注目を集めているワインです。

白ワインでは「シャルドネ」、「ソーヴィニヨン・ブラン」、赤ワインでは「ピノ・ノワール」、「メルロー」、「カベルネ・ソーヴィニヨン」といった品種の人気が高くなっています。他国のワインと飲み比べてみるのも良いのでは?

こんな方にオススメ!

・ワインが大好きな方
・ワインを働きながら学びたい方
・ワーホリではなく、海外でビジネスビザ(就労ビザ)を取得して海外就職したい方。
・長期のビジネスインターンシップをきっかけに海外就職を将来的に考えている方
・将来ニュージーランドに永住したいとご検討の方

コース内容
  
開始時期: 毎月第1及び第2月曜日
勤務地域: マールボロ地域中心(ニュージーランド)
インターン&勤務先:

マールボロ地域のワイナリー

仕事内容:

◆ブドウ農園での農作業:植え付け/剪定/収穫など
◆ワイン醸造所での作業:仕込み/醸造作業/瓶詰め/出荷作業など
◆ワイナリー併設のレストランやワイン販売所での販売・接客・キッチンでの仕事
*メインの仕事はブドウ農園での農作業で、シーズンにより仕事内容は変わってきます。

授与証書:

◆WBS発行の英語コース修了証書
◆ワイナリー発行のインターンシップ参加証書
◆WBS及びワイナリーからのレファレンス・レター

主催:

Wellington Business School(WBS) 英語研修/就労準備研修/就労先の手配/就労中のサポート

ビザ:

英語研修時:
●観光(ビザなし、3ヶ月以内往復航空券必要) 
●学生ビザ(3ヶ月を超える英語研修) 

就業開始時(受入れ先により次のいずれか):
●季節労働就労許可(Seasonal Work Permit):約6ヶ月間の就労許可を取得し、更新します。
●就労許可(Work Permit):ワイナリーの雇用契約書発行により就労許可を取得します。
*このプログラムへの参加に当り、WHビザ取得の必要はありません。
*英語コース受講中に、就労ビザ申請に必要な胸部レントゲン及び健康診断書を現地にて取得します。必要書類は全て英語コース受講中に揃えます。就労する地域に移動後、施設発行の書類と共に地元の移民局に提出し、就労ビザを申請します。就労ビザ発給後、即就労開始となります。

就労条件: ・就労形態:フルタイム就労(週30〜40時間勤務) 
 オプションでパートタイム就労(週20時間)選択可能
・最低6ヶ月間就業
・勤務時間帯はポジションによりシフト制
・給料:時給NZ$12.05(能力により時給アップの可能性あり) 
  週\32,600〜\43,380/税込み  
・所得税:年収NZ$9,500.00未満:16.3% 〜NZ$38,000.00:22.3%  
      〜NZ$60,000.00:34.3%
宿泊先:

英語研修中:ホームステイ(個室・3食)、学生寮(個室・共同キッチン、3ヶ月以上滞在の方、空室がある場合のみ)
就業中:地域内にあるバックパッカー(4人部屋でこぎれいな宿泊先です)
週NZ$90.
バックパッカーから農園までは小型バスの送迎があります。
お友達同士、ご夫婦での参加の方にはフラットを手配します。 家賃週約Z$200.

フラット手配サポート費用NZ$800. フラット紹介/下見同行(3件まで)/通訳/契約代行 通訳の追加1時間NZ$90
現地サポート:
(WBSによる)
・就業地への移動交通手段の手配:ウェリントン〜マールボロ地域 航空機片道NZ$69. フェリー片道NZ$20.
・CV(英文履歴書)及びカバーレター作成のサポート/インターン準備研修及び開始前のオリエンテーション
・NZ税務署、納税者登録(IRD No.)申請のサポート/現地銀行口座開設のサポート
・就労先施設の斡旋と雇用面談の手配/雇用契約手続きの代行/就労中の宿泊先の手配
・就労ビザ申請に必要な健康診断・レントゲン検査の予約/無犯罪証明書取得及び在留届のサポート
・就労ビザ申請書類作成サポート
・緊急連絡先/荷物一時預かり/インターン中のサポート(トラブルや悩みの相談、カウンセリング)
・就労期間延長及び雇用契約更新のサポート/永住権取得サポート(別途費用)
参加条件
◎参加年齢18歳以上 
  *体力に自信がある方は年齢を問いませんので、シニアの方はご相談下さい。
◎インターン開始時に中級上以上の英語力に達していること(コミュニケーション能力重視)。
◎プログラム参加時の英語力は特に問いません(初級レベルの英語力でもOK)。
◎健康で積極的な方、業務に熱意を持って望んで頂ける方、日本人・社会人としての良識を持った方。
◎プログラム参加同意書に署名すること。
渡航までの流れ
             
01. 無料プログラム説明と個別カウンセリグ
02.

書類選考
*日本語履歴書 *英文レジュメ *英語力証明
英語力に応じて参加プランをご案内します。 

03. 書類選考と電話面接期日(合格者は直ちに申込金の支払い)
04. 申込み
*申込書 *申込金 *参加同意書
05. 渡航手配(航空券・保険・ビザ)
06. 出発前オリエンテーション
07. 出発⇒ウェリントン到着⇒空港出迎え〜ホームステイ先へ
08. プレースメント・テスト及び生活オリエンテーション
09. 英語研修:この間に受入れ施設との電話面接の可能性あり
10. 就業先決定⇒就労ビザ申請に必要な書類を揃えます。
11. ウェリントン〜マールボロ移動⇒宿泊先にチェックイン⇒就労ビザ申請(遅くても2,3週間以内で発給されます。)
12. 就労先施設でのオリエンテーション
13. 就業開始
プログラム費用
登録申込費 *1 \105,000(税込) 登録申込費に含まれるもの
英会話力レベルチェック・希望する業界・職種への研修についての診断・カウンセリング実施:随時
ビザ種類

 プラン
*2

英語研修
ホームステイ
就労期間&プログラム費用
6ヵ月
12ヶ月
観光・WHビザ

プランA

FT12週間
12週間
\680,000
\700,000

プランB

FT8週間
8週間
\520,000
\540,000
学生ビザ

プランC

FT16週間
16週間
\860,000
\880,000

*1 お預かりした申し込み料のうちの一部を登録確認のため現地へ送金します。申込料は1年間有効。その期間中に受入研修先をご紹介できなかった場合は、有効期間終了後、 申込料の半額をお返しいたします。また、申込者の都合による登録取消の場合は、理由の如何に関わらず返却いたしません。
*2 *プランCについての学生取得については、英語研修期間は1週間単位で追加が可能ですので、入学日と研修期間はご相談下さい。
【費用に含まるもの】
・入学手続き料・国際通信費・送金手数料
・渡航前サポート/オリエンテーション
・ビザ申請サポート
・入学金・教材費 ・授業料(一般英語週22.5時間+ケア英語計15時間)
・ホームステイ手配料/ホームステイ代/空港出迎え
・WH生活オリエンテーション及び各種アシスト
・就労準備研修/オリエンテーション
・就労先手配
・就労期間中のサポート
【費用に含まれないもの】
・学生ビザ代理申請手数料\30,000
・航空券代:格安航空券を手配します。
・海外旅行保険料:当社にて必ずご加入下さい。
・通信費:携帯電話の買取りプランをご紹介しています。
・就労ビザ取得に関わる一切の費用 合計NZ$600.00
・ビザ申請料NZ$200/健康診断書NZ$200/X線&血液検査NZ$200
・通学交通費及びウェリントン〜就業地までの移動交通費
・就労期間中の宿泊代及び食事代
・追加の授業料
・追加のホームステイ代
・就労期間延長・別の就労先を手配する際の再手配料
プログラム費用収支予測

プログラム費用\750,0000+航空券代・保険料\270,0000+ビザ取得費用\54,000+現地移動費\10,000+英語研修中のお小遣い\80,000   : 約¥1,164,000(諸経費合計)

収入:給料(時給NZ$12.05×週35時間×48週間 22.3%税引後): 約¥1,416,000
宿泊費NZ$90.00+食費NZ$110.00×48週間: 約¥864,000
NZ滞在中の収支(手元に残る金額、お小遣いを含む)  収支  : +¥552,000


シニアご夫婦ロングステイ・ライフ・プラン(ご夫婦ともパートタイム就労の場合)
収入:給料(時給NZ$12.05×週20時間×48週間 22.3%税引後)×2人   約¥1,618,000
支出:宿泊費NZ$200.+食費NZ$200.×48週間+フラット手配サポートNZ800  約¥1,800,000
※パートタイム就労の方は、月5〜6万円のお小遣いをご用意下さい。
(*別途 航空券代+保険料+食費+お小遣い)
お問い合わせ・応募方法

右のフォームからか、もしくは
電話: 03−5428-0138(11:00〜20:00)
メール:info@ctsjpn.com
いずれかで応募・お問い合わせください。

有給ワイナリー就労ビザ取得(NZ) 資料請求・お問い合わせ
お問い合わせ先

CTS東京
〒150-0043 東京都渋谷区道玄坂2-15-1-526
アクセスマップ
TEL: 03-5428-0138(11:00〜20:00)
Email: info@ctsjpn.com

免責事項

以下の事項等について、CTS東京及びWBSは申込者に対して責任を負いません。
・当プログラム期間中に受入れホテルから参加者の業務続行が不可能と判断された場合。
・当プログラム期間中に参加者自身の身体及び精神的な問題により、業務続行が不可能と判断された場合。
・受け入れホテルの事情により申込者の受入れ続行が不可能となった場合。
・参加者が就業期間中に犯罪行為(麻薬・銃等)を行ったことが判明し、受入れ先の損害賠償請求があった場合。
・参加者が過去に犯した犯罪歴等を故意に受入れホテル側に隠蔽していたことが判明した場合に起こるプログラムの中止。
・参加者の個人的な都合で、旅券や査証の発行や入国が拒否された場合。
・参加者が従業員や顧客に対して、不当な行為や良識にあるまじき行為を行なったことが判明した時。
・受入れ先の都合により、急遽内容が変更になった場合。
・参加者がご自身で手配・手続きを行われたことに対して生じる不都合。
・受入れ先ミス、もしくは天災/地変・戦乱・ストライキ・郵便/事情・政府公共団体の指令などにより、諸手続きが完了しなかった場合。

*就業中は、参加者個人の責任において行動して頂きます。法令・公序良俗に反する行為の結果生じた損害の責任は個人に帰し、受入れ先及び滞在機関の規制や約束事に違反した場合は、参加者自身の責任となります。
従いまして、受け入れ先での個人生活および滞在中の事故については、CTS東京、WBS、及び受入れ先は一切の責任を負いかねます。
*参加者の勤務態度、業務能力により途中で参加をお断りすることがあります。この場合、参加費用の返金はありません。

参加条件・取消規定
【出発前の契約の解除】
・申込金はいかなる理由とも返金されません。
・出発の30日〜14日前の取消し:プログラム費用の70%を返金します。
・出発日2日前〜13日前の取消し:プログラム費用の50%を返金します。
・出発日前日・当日及び出発後:プログラム費用は一切返金いたしません。

H O M E | CTSについて | マスコミ掲載 | 採用情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | お問い合わせ
コピーライト