海外留学・インターンシップのCTS Tokyo 資料請求
WEB相談
カウンセリング予約
行きたい国から プログラムから 目的から CTS WOMAN 私の留学体験記 お役立ち情報
プログラム一覧
ビジネスインターンシップ(アメリカ)
ビジネスインターンシップ(オーストラリア)
ビジネスインターンシップ(カナダ)
語学研修+ビジネスインターンシップ(アメリカ)
CPS研修+ビジネスインターンシップ(アメリカ)
CITLS〔貿易実務)研修+ビジネスインターンシップ(アメリカ)
カリフォルニア州立カレッジ短期留学(アメリカ)
医療語学研修(カナダ)
空飛ぶインターンシップ/フライトアテンダント(カナダ)
エアラインに合格するための留学(アメリカ)
海外で働く体験/短期(アメリカ)
海外で働く体験/短期(オーストラリア)
海外で働く体験/短期(カナダ)
学生限定 サマージョブ WORK/TRAVEL(アメリカ)
ビューティー留学(ハワイ)
恋する留学(アメリカ)
日本語教師アシスタントプログラム(オーストラリア)
国際文化交流コーディネータープログラム(オーストラリア)
ホテル有給インターンシップ 416ビザ用(オーストラリア)
ホテル有給インターンシップ OTVビザ用(オーストラリア)
ソムリエ留学(イタリア)
ローマお料理プチ留学(イタリア)
上海ホームステイ(中国)
ホテルインターンシップ(マレーシア)
客室乗務員(OJT)研修(シンガポール)
メールマガジン
ビューティー留学
恋する留学プログラム
現地法人様用依頼
セミナーイベント
調理師・パティシエ・ホテルマネージメントコース(1年間〜2年間) ニュージーランド

ニュージーランドやオーストラリアでは調理師、パティシエの学校に行くと永住権が取得しやすかったりします。しかし、オーストラリアの場合ですと2年間学校に行きますが、ニュージーランドの場合は1年間学校行った後、現地で就職し、早い方ですと、留学から1年半ぐらいで永住権を取得されている方もいます。手に職をつけて、永住権、就労ビザを目指されたい方にはオススメの留学です。
ご家族で永住したいとか、海外就職されいた方、永住権取得されたい方で、コストを押さえて、なおかつ、クオリティーの高い技術を身につけることができる、ニュージーランドのホスピタリティーを学んでみませんか?

*2007年11月26日のニュージランド移民法の改定により、現行では、LEVEL4(プロ調理師コース)卒業の生徒は、卒業後、ポイント制で永住権申請をしておりましたので、卒業後のジョブオファーに対してすぐに50ポイントのポイント加算が可能でしたが、この改正後は卒業後、シェフとしての職業の経験(日本での経験も値します)を3年以上が必要となります。この3年の仕事経験者は50ポイントのポイント計上がすぐに出来ますが、反対にこの経験がない場合、3年の経験の後に50ポイント計上となります。 それに対して、LEVEL4(プロパティシエコース)では、現行と変わらず、卒業後のジョブオファーはすぐに50ポイントのポイント加算が可能で、 卒業後、職につき次第ポイント制で永住権申請が可能です。

▼各コースご案内
こんな方にオススメ!

・ニュージーランドで海外就職を目指している方
・将来永住のキッカケにしたい方
・今までのキャリアを活かしたい方
・ニュージーランドで確実に永住権をしたい方
・家族と移住のキッカケにしたい方
・手に職をつけたいとキャリアチェンジを考えている方
・留学費用と期間をなるべく押さえて、海外就職、永住の夢を実現したい方

コース内容
期間: ホスピタリティーマネージメント(2年間)
プロ調理師資格コース(1年間)
プロパティシエ資格コース(1年間)
フード&ビバレッジコース(6ヵ月)*ショートコース バリスタ コーヒーメイキングコース(1週間)*ショートコース
留学先: ニュージーランド(オークランド)
学校紹介:
NSIA

全生徒数:600人
1クラス生徒数 英語学校:10人
1クラス生徒数 専門学校:平均18人
日本人生徒の割合:2.5%
その他の国(35ヶ国以上):中国40%、韓国20%、KIWI15%、インド8%、その他15%
受講期間:半年〜2年
スクールアクティビティー:ワインパーティー、フィッシング、
トレーニングレストランでの無料ディナーの招待

学校施設・サービス: コンピューター室 40台:インターンネット、Email無料
カフェラウンジ:ドリングは無料
駐車場 120台:無料
自習室:無料
トレーニングレストラン:無料
スクールバス 2台:最初3ヵ月の利用は無料
(オークランドシティーからの送迎あり)
授業用キッチン 3台:授業中のみ利用できます
就職活動サポート(就職課):無料
学校開始時期: 毎年2月、4月、7月、10月開始
コース: ・ホスピタリティー・マネージメント(2年
・プロ調理師・資格コース(1年)
・プロパティシエ・資格コース(1年)
・ショートコース・バリスタ(1週間)
・Certificate in フード&ビバレッジ(6ヶ月)
入学条件
◎18歳以上で高等学校課程を終了していること
◎英語を母国語でない方はIELTS5.5(プロ調理師はIELTS5.0)/TOEFL500点以上 又はそれに等しいレベルであること。
◎健康であること
◎やる気・責任感のある方
渡航までの流れ
             
01. 無料プログラム説明と個別カウンセリング
02.

入学手続開始(Application提出)

03. エントリーテスト
04. 入学許可書受領
05. 授業料お支払い
06. ビザ申請開始
07. 渡航手配(航空券・保険・ビザ)
08. 出発⇒オークランド到着⇒空港出迎え〜滞在先へ
NSIA ノースショア料理・ホスピタリティ専門学校ご紹介

将来、ホスピタリティー・調理・料飲の世界でのお仕事を目指している方にお勧めの専門学校です。ホテル、レストラン、カフェなど国際的な分野で活躍するためのあらゆるスキルを学んで頂けます。?

期間は、コースによって異なりますが、専門分野を集中的に勉強していただくサティフィケートコースの6ヶ月・1年と、本格的に総合範囲を勉強していただくディプロマコースの2年があります。

?また、短期で取得していただけるショートコースも行われています。HIS公認 (NZ国公認資格)HSIバリスタ コーヒーメイキング・HIS LCQNZでアルコールに関する管理資格)・HIS ワイン・NSIAカクテルなどのショートコースがあります。

?ノースショア料理・ホスピタリティ専門学校 NSIAは、NZQA (NZ教育資格審議会)の認定を受けたハイレベルな専門学校で、ウェスタンスタイル(洋食)のプロフェッショナル料理調理師免許やホスピタリティーの関する資格を取得できる学校です。?学校は、ニュージーランドの国際玄関口オークランドのノースショアに位置します。

また、校内には、ニュージーランドで一番!といわれる大きさとモダンさを誇るキッチンが完備されており、そこで著名なシェフに直接指導される、プロ調理師資格取得コースの“National Certificate in Hospitality (Professional Cookery) L4(1年コース)”は、大変人気があります。

?人をおもてなしする心を大切にした、NSIAの講師陣より、世界で通用するホスピタリティを学んでください!

この学校のオットー校長は、1952年にニュージーランドで初めてライセンスレストランをオープンさせました。1970年には、大阪の万国博覧会に於いて、ホスピタリティあふれるNZが誇るレストランパビリオンを展開。天皇陛下をはじめ、各国のロイヤルファミリーからも高い評価をいただきました。この学校にも、オットー校長の洗練されたホスピタリティ精神がいかされています。

NSIAでは、”National Diploma in Hospitality Management L5(2年コース)” “National Certificate in Food and Beverage L3(6ヶ月コース)?”でもたくさんの学生が学んでいます。

??ニュージーランドのホテルや有名なレストラン・カフェなどは高いホスピタリティを必要としています。そのような場所から、ここNSIAの卒業生はたくさんのジョブオファーをいただいております。また就職課がありますので、ほとんどの学生は、就職専門課の綿密な指導のもとに こうしたホテル・レストラン・カフェなどに就職しています。

3ヶ月に一度、学校で開催されるコンベンションには、各専門課程のそれぞれの生徒が腕をふるって、有名レストラン・ホテルなどからのゲストをお招きします。そこで、優秀な学生は、これらの場所へスカウトされるという機会も少なくありません。

Q&A

1. NSIAとは?
North Shore International Academy
NSIAは全国的に認められ、政府から公認されたホスピタリティー&調理専門学校です。

2. どこに位置しているのですか?
オークランド・ノースショアのグレンフィールドにあります。タカプナ、ノースコートやバーキンヘッド近辺で、オークランド市内まで車で15分程の距離です。

3. NSIAにはトレーニング施設がありますか?
はい。当校には、最新のキッチン、バーやコーヒーマシンなど実際に働く環境に、より近い設備を提供しております。

4. 生徒数はどのくらいいますか?
約600名です。

5. NSIAで学生ビザを取得するのは可能ですか?
はい。3ヶ月以上のコースへの入学希望者には学生ビザが取得でき、NSIAでお手伝いをしています。

6. 1クラスの平均生徒数は?
当校では、学生が情報交換するのを奨励すると共に、教育の質を高めるために少人数制のクラス(最大18名)を心がけています。

7. 英語のコースはありますか?
あります。ビギナーコースからアドバンスコースまで、IELTSコースがあります。あります。すべてのコースで、リスニング、スピーキング、リーディング、ライティングをやります。
その他、ホスピタリティー、調理師コースのための英語コースもあります。

8. どのような講師陣がいますか?
NSIAの講師陣は全員資格を持ち、経験豊かな講師陣です。各授業に専門の講師が担当します。

9. 駐車場はありますか?
150台の駐車場があります。

10. NZスチューデントローンに申し込むことは出来ますか?
?永住権保持者のみ申し込むことが出来ます。

11. NSIAで勉強するためにはどの位の英語力が必要ですか?
・Hospitality Management Level 5
・Professional Cookery Level 5への入学希望者はIELTS 5.5点程度の英語力が必要です。
・Professional Cookery Level 4 への入学希望者はIELTS 5.0 点程度の英語力が必要です。

12. 開校日はいつですか?
年間で4回にあります。(2月、5月、7月、10月)
入学をご希望の場合はビザの申請などのため、開校日の約1ヶ月前にお申し込み頂くことをお勧めします。

13. 入学金はいつまでに支払えばいいですか?
入学1ヶ月前が好ましいでしょう。
ビザの申請の為、遅くて1週間前を期限とさせて頂きます。

14 . 入学条件は何ですか?
18歳以上の方で、IELTS5.5以上の方もしくは6thフォームサティフィケートもしくはNCEA L2保持が入学条件です。

15. ホスピタリティーマネージメントの資格を取得するとどのような職がありますか?
・食品衛生管理士
・バーマネージャー
・カフェ・レストランマネージャー
・フロアマネージャー
・ケータリングマネージャー

16. NSIAで就職のサポートはしてもらえるのですか?
NSIAでは多くのレストラン、ホテルなどと交流を持っているので、生徒に合った就職の斡旋を行っています。また、就職斡旋情報の掲示板には、ほぼ毎日最新情報が更新されます。

17. 生徒は他の大学に編入可能ですか?
ナショナルディプロマインホスピタリティーレベル5を卒業した生徒は、AUT(Auckland University Of Technology)、WintecやLincoln Universityに編入可能です。

H O M E | CTSについて | マスコミ掲載 | 採用情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | お問い合わせ
コピーライト