海外留学・インターンシップのCTS Tokyo 資料請求
WEB相談
カウンセリング予約
行きたい国から プログラムから 目的から CTS WOMAN 私の留学体験記 お役立ち情報
プログラム一覧
ビジネスインターンシップ(アメリカ)
ビジネスインターンシップ(オーストラリア)
ビジネスインターンシップ(カナダ)
語学研修+ビジネスインターンシップ(アメリカ)
CPS研修+ビジネスインターンシップ(アメリカ)
CITLS〔貿易実務)研修+ビジネスインターンシップ(アメリカ)
カリフォルニア州立カレッジ短期留学(アメリカ)
医療語学研修(カナダ)
空飛ぶインターンシップ/フライトアテンダント(カナダ)
エアラインに合格するための留学(アメリカ)
海外で働く体験/短期(アメリカ)
海外で働く体験/短期(オーストラリア)
海外で働く体験/短期(カナダ)
学生限定 サマージョブ WORK/TRAVEL(アメリカ)
ビューティー留学(ハワイ)
恋する留学(アメリカ)
日本語教師アシスタントプログラム(オーストラリア)
国際文化交流コーディネータープログラム(オーストラリア)
ホテル有給インターンシップ 416ビザ用(オーストラリア)
ホテル有給インターンシップ OTVビザ用(オーストラリア)
ソムリエ留学(イタリア)
ローマお料理プチ留学(イタリア)
上海ホームステイ(中国)
ホテルインターンシップ(マレーシア)
客室乗務員(OJT)研修(シンガポール)
メールマガジン
ビューティー留学
恋する留学プログラム
現地法人様用依頼
セミナーイベント
イタリアワインソムリエ養成コース留学 イタリア
AIS(イタリアソムリエ協会)ソムリエは、 世界でも唯一の国家資格!!
約40年にも及ぶ“ワインと食”の世界において の経験と歴史の中で、AISは常にレストラン・ワイン業界に正しい知 識、そして文化を伝え、そして、その世界でプロとしての人材を育ててきました。
ワインと食文化の中心的存在として、ワインを愛する人々へ文化を伝える。
日本人としてイタリアワインを学ぶということは、まさに文化の伝道師なのです!!
日本、イタリア両国で今後大きく変革を遂げるイタリアワインの先駆者として共に改革していきませんか!?
こんな方にオススメ!

・イタリアが好き!ワインが好きな方!!(初心者でもOK!)
・飲食関係の職種の方
・ソムリエの資格取得を検討されている方
・ワイン愛好家から「好きを仕事に」したい方

コース内容
期間: 7週間(2週間ずつのレベル別受講も可/レベル3まであります)
・毎年1.5.10月開催(最終月曜〜)
定員: 8〜20名
研修地域: イタリアフィレンツェ郊外モンテカティーニテルメ
研修内容:

AISのコ-スは3段階のレベル講習。本コ-スは1レベルを2週間ずつ、計6週間。平日(月〜金)の朝から晩まで、毎日6種類のテイスティングを含め約6時間半ずつ。ハ-ドの様にも聞こえますが、そこはイタリア。授業をも楽しんでしまう内容に逆に白熱して留まることがありません。試験終了後には、小旅行も付いています。

講師陣は 講義をする為に、ハイレベルな試験をくぐりぬけてきた講師陣。各分野のエキスパートからの講習内容はとても満足のいくものです!!

コース終了時にソムリエ資格取得試験(国家資格)を行います。

○レベル1○
ソムリエとしての基本知識・サービスの仕方・テイスティングについて学びます

1.ソムリエの役割・重要性
2.ブドウ栽培について
3. ワイン醸造法−ワインの製造について
4.ワイン醸造法−ワインの構成要素
5.ワイン醸造について−特殊ワインとパッシート
6.テイスティングのテクニック−視覚による観察
7.テイスティングのテクニック − 臭覚による観察
8.テイスティングのテクニック − 口に含むことによる観察
9. ワインの法律と表示・イタリア国内の産地について
10. 蒸留酒 − イタリア及び他国からのリキュール、ビールについて
11. ワインと食について
12. ソムリエの役割
13.ワイナリー訪問・すべての項目を振り返り復習

○レベル2○
テイスティングテクニック・イタリア及び世界のワイン産地について学びます
1.テイスティングのテクニック
2.ヴァッレ・ダオスタ州、ピエモンテ州
3.ロンバルディア州、トレンティーノ・アルト・アディジェ州
4.ヴェネト州・フリウリ・ヴェネツィア・ジュ−リア州
5.トスカーナ州、リグーリア州
6.エミリア・ロマーニャ州、マルケ州
7.ウンブリア州、ラッツィオ州
8.アブルッツォ州、モリーゼ州、カンパーニャ州
9.プーリア州、バジリカータ州、カラブリア州
10.シチリア州、サルデーニャ州
11.ヨーロッパ各国のワイン
12.フランスのワイン
13.世界のワイン

○レベル3○
料理とワインの合わせ方について学びます
1.食とワインの分析
2.料理とワインの相性
3.卵とソース
4.調味料、香草と香辛料
5.穀物とその副産物
6. 魚介類
7. 肉とハム・ソーセージ
8. フンギ(きのこ)、トリュフ、野菜と豆類
9. チーズ
10. お菓子・ジェラートとフルーツ
11.食事を体験しながらのレッスン

宿泊:

宿泊タイプは、フラット(シングル/ダブル)、レジデンス、ホテル滞在等があります。ご希望のタイプにあわせイタリアよりご案内できる物件を連絡させていただきます。(時期によってはご希望に合う物件がない場合もございます。予めご了承ください)
指定外の滞在施設をご希望の場合は別途ご相談ください。

参加条件
◎20歳以上の健康な方(学生可)
渡伊までの流れ
01. 無料プログラム説明と個別カウンセリグ
02. プログラムお申し込み
03. 留学手続き開始
04. 学校手続き完了
05. ステイ先手配
06. 大使館でビザ申請&ビザ取得 (事前にイタリア語留学をされる方)
07. 渡航準備(航空券手配、保険加入など)
08. 渡伊
AIS(イタリアソムリエ協会)について

社団法人イタリアソムリエ協会はイタリア国内に161箇所の支部を持ち、イタリア政府から認定された唯一のソムリエの協会です。(条例539条:1973年4月6日認定)
そしてプロフェッショナルとしての資格を与えることの出来る、イタリアにおいての唯一の団体でもあります。本国イタリアでは取得するのに3年の月日を要するこの資格・・・Accademiadeivini(アカデミア・デイ・ヴィーニ)はAISの後援の下、日本人に向け“7週間”で短期集中的に、かつ効果的に学ぶべく“AIS公認イタリアソムリエ養成コース”を開催しております。
もちろん、コース終了後の試験で取得するこの称号はAISの公式のものであり、本国のものと一切かわりはありません。

AIS公認イタリアソムリエの資格を取ると…
イタリア国内と日本において、AIS会員のために企画される様々なイベントに参加することが出来ます。試飲会、テーマごとのセミナー、イタリアや世界各国のワイナリー見学、そして全国的・国際的な会議および学会への参加など・・・。

また、AIS会員の皆様に
1.2ヶ月ごとのイタリアワイン最新情報の機関誌“ ilsommelier ”配布
2.全イタリアワインが網羅されたワインガイドブック“ Due milla vini ”配布
3.イタリアにおけるワインセミナー、イベント、試飲会への参加
4.クラブAIS会員証提示による施設、ホテルなどの優遇制度   など様々な特典がついております。

Diplomaについて

AISソムリエ養成短期集中コース参加の方は、コース終了時に試験が行われ、
試験に合格された方には「AIS認定公式ソムリエ」としての称号が与えられます。

この場合の称号はイタリア政府が認定した「ソムリエ」の称号となります。
尚、こちらの証書に関してはイタリアソムリエ協会本部において正式登録手続きを
行ってからの発行となります。
そのために最低2ヶ月のお時間をいただく事となりますので、予めご了承ください。

万がこの試験に一通過されなかった方には、次コース開催時に試験のみの受験も
可能です。(受験費用等別途要)

その他のコースに関しては、1回のみの参加の場合には「参加認定証」、
そして機定数参加の方には「終了証書」をお渡しします。
証明書が必要な方は、各コース内容の中でご確認ください。

滞在先について

滞在地域の紹介
Montecatini Terme   モンテカティーニ・テルメ

ゆるやかな丘陵とオリーブの緑に囲まれたMontecatini Terme の街は、
イタリア有数の高級保養地として知られています。
イタリアを代表する俳優マルチェロ・マストロヤンニ主演の映画《黒い瞳》の舞台となった
Montecatiniいちの温泉施設:《Tettuccio/テトュッチョ》では、
その美しく優雅な空間でイタリア国内のみならず世界各国から訪れる湯冶客を迎え入れています。

日本の温泉とは異なり、飲泉が基本となるMontecatini の温泉水は《肝臓、胃腸》
に効果があるとされています。また、街の中心には緑に囲まれた大きな公園、
その近辺には高級ホテルをはじめ数多くの温泉施設が点在し、
飲泉のほかにも温泉療法/エステ/蒸気吸引/ファンゴ(泥)療法を行う施設もあります。
Tettuccioから流れてくる生演奏の中、ゆったりとした屋外カフェで人々はくつろぎ、
プロムナードにはお洒落なお店や屋台がならび、道行く人は冷やかし半分で足をとめ・・・
街のいたるところにバカンスの楽しい空間とのびやかな時間が広がっています。

そしてMontecatini Terme にはもう一つの顔が・・・優雅な高級保養地の他に、実は殿方のための
夜の街としてでも有名で、この小さなエレガントな街に数多くのナイトクラブがあります。
また、おとなりにはMonsummano Termeの街がありこちらにはGrotta Giusti温泉があり、
洞窟温泉での療養、エステも体験できます。

プログラム費用
登録申込費 *1

¥68,000
(税別)

登録申込費に含まれるもの
手配費用、英文書類関係添削、カウンセリング実施:随時

プログラム参加費用 *2
(7週間)


8,300ユーロ
プログラム費に含まれるもの
・コース料金(AIS方式に従い3段階に分けたコースをすべて行います)
・ 教材費用(AIS教本)
・日本語テキスト(AIS教本の内容を日本語に訳してあります)
・AIS公式テイスティングラス
・AIS公式皮製グラス専用バック
・AIS公式テイスティングノート・テイスティング分析シート
・AIS公式ワインオープナー
・速読温度計
・AIS公式サービス用サロン
・ソムリエ試験受験料金
・コース終了時の研修旅行
・宿泊代金(7週間分)
・食事(月曜日−金曜日:朝食・昼食・夕食)
*1

お預かりした申し込み料のうちの一部を参加確認のため現地へ送金します。
申込料は1年間有効。その期間中にプログラム手配ができなかった場合は、
有効期間終了後、 申込料の半額をお返しいたします。
また、申込者の都合による登録取消の場合は、理由の如何に関わらず返却いたしません。

*2

*その他コース時以外の、日常生活の中でも日本語アシスタントサービスを行っております。
*都合により7週間滞在が不可能な場合は、各レベルに分けて受講することも可能です。
1レベル2週間の単位で開講しておりますので、ご都合に合わせて日程を選んで頂けます。
詳細はお問い合わせください。
*ビザの申請が必要な方は申請に必要な書類をご用意いたしますので、事前に御連絡下さい。
*2011年10月開講コースから料金改定になりましたのでこちらの料金でのご案内になります。

コース体験談

【授業編】 3年かかるものを6週間で、、日々朝から晩までみっちりと勉強をする授業内容で、日を
追うごとに少しずつ成長していることを実感!・・・『自分の味覚』を信じながら学べるカリキュラムは
とても満足のいくものであった。ソムリエって何!? から始まった未知の世界で、自分が成長していって
いる感覚が何より面白い!また『語学力ゼロ』で望んだ私には、日本人イタリアソムリエの通訳さんの
存在は大きかった。本を読むことよりも、テイスティングの感覚の分析…視覚、嗅覚、味覚がなぜ、ど
のように重要でワインの価値を決定していくのかなど、その場にいて感じなければいけない事を学び、
そして何より、食と料理の組合せをミッチリ学べる環境は本国ならではの食に対するこだわりを感じら
れた。。無理のない楽しい講義に満足している!!
また、毎日6種類ほどのテイスティングを含め、系6時間半の授業ですが、いつも授業が白熱して留ま
ることを知らない!総計200ほどのワインを飲める機会なんて今後もないのではないか??

【研修・ワイナリー見学編】 毎レベルごとにワイナリー見学をする。ワイン王国ゆえに経験できる、
まさに『肌で学ぶ授業!』。食に携わる人間にとって最も重要な、生の姿、生産者の『情熱・想い』を
身体で学び感ずる。。講義にはない、身体で文化を感じとれる課外学習はいい意味でカルチャーショッ
ク!!!
研修旅行では、ワインだけでなくチーズ・オリーブオイル・バルサミコ酢・・・・など、『食』を通しての
ワインのあり方を学ぶことができた。。正直“遠足”は楽しい!!
その他、ピッツェリアや有名レストランでの食事会、ワインイベントへの参加も含まれ2ヶ月間ではあ
るが、イタリアの裏のウラをとことん体験できた!!!!!!!!
『enogastronomico / エノガストロノミコ=ワインの食文化』イタリアを目で、肌で感じる事でワイン
に対する愛情が深まった!!感動の一言です!

【生活編】 共に勉強をし生活する中で、夕食事の『談義』が本当に楽しかった。授業とは違い、リラ
ックスしながら今勉強していることを食卓の上でオシャベリできることはお互いにとてもいい影響を
与えることができた。。生活しながら楽しく試験対策…といったところだろうか。。
ワインを共有する同志、飲み仲間との『美味しい時間』は申し分ない環境。今でもなお続く素敵な出会
いに感謝感激感動である。。大人になっての趣味仲間ができたのは嬉しいコト!!

お問い合わせ・お申し込み

右のフォームからか、もしくは
電話: 03−6278-8674(11:00〜20:00)
メール:info@ctsjpn.com
いずれかで応募・お問い合わせください。

イタリアワインソムリエ養成コース
H O M E | CTSについて | マスコミ掲載 | 採用情報 | サイトマップ | プライバシーポリシー | お問い合わせ
コピーライト